柏手を打って納得している様子の女性

SEOに効果的なアンカーテキストの貼り方

アンカーテキストとは、アンカータグに挟まれたリンクテキストのことを指しています。アンカーテキストは適切に使用すれば、SEOにプラス効果をもたらしてくれる重要な要素です。検索エンジンからの評価に関わってくるだけでなく、ユーザーによるクリック率にも大きな影響をもたらします。アンカーテキストを決める際には、検索エンジンとユーザー目線、それぞれを意識しておくことが大切です。

検索エンジンのクローラーは、リンクにどういったテキストが使用されているかをチェックした上で内容の評価を行っています。このためページに関わってくる重要なキーワードを、アンカーテキストに含めておくことが大切です。しかしただキーワードを並べただけのテキストは、検索エンジンからスパムとみなされる可能性があります。似たようなテキストのリンクを必要以上に設置したり、同じページへの誘導を繰り返すといった行為を行うと逆効果になってしまうのです。リンク先の内容を簡潔に説明しつつ、不自然でない形でキーワードを使用するよう意識する必要があるでしょう。

アンカーテキストの内容は外部サイトによる被リンクだけでなく、内部リンクにおいても重要となります。被リンクには気を使っているが、内部リンクはあまり気にせず貼っている、という方も多いのではないでしょうか。内部リンクにどういったテキストを使用しているか、という点も検索エンジンはしっかりとチェックしています。サイト内にあるページそれぞれの価値を高めるため、内部リンクもSEOを意識して貼っていきましょう。

アンカーテキストの作り方で迷いやすいポイントの一つとして、文字数が挙げられます。長過ぎるテキストは検索エンジンからアンカーテキストとして認識されない可能性があるため、注意が必要です。限られた文字数内で簡潔に説明をするのは、なかなか難しいかもしれません。しかし検索エンジンはアンカーテキストだけでなく、周辺のテキストからもキーワードに関する情報を収集しています。一番重要なキーワードを優先的に使用する形をとって、ある程度文字数を制限しましょう。

ユーザー目線を意識したリンクの作り方では、色が重要となってきます。通常のテキストと全く同じ色のリンクを設置しても、ユーザーは気がついてくれません。クリック率を高めるためには、CSSやHTMLタグでリンク色を指定し、ユーザーが判別しやすいよう配慮することが大切です。

Latest Post