NOの文字とレッドカードを掲げている人の手

ペナルティを受ける原因と受けた際の対処方法

ある日突然検索結果の順位が大きく低下してしまった、あるいはインデックスから除外されてしまった、といったトラブルが生じた場合、検索エンジンからペナルティを受けている可能性があります。大手検索エンジンGoogleは定期的に検索アルゴリズムの更新を行い、サイトの品質をチェックしています。このため一度は高評価を受けていたサイトでも、状況によっては突然ペナルティ対象になる、といったことが起こり得るのです。

ペナルティ対象となる原因にはいくつかの種類があります。代表的なものとして過剰なSEO対策やスパム行為、オリジナリティのないコピーコンテンツが挙げられるでしょう。具体的には、不自然なリンクを集めている、他サイトからコピーした記事を掲載している、などの行為です。もしも急に検索順位が低下したら、どういった点が問題視されたのかを確認した上で対策を行う必要があるでしょう。

ペナルティには自動と手動の二種類があり、それぞれ対処方法が異なっています。Google Search Consoleを利用している場合、手動ペナルティ対象となると原因や対処方法などが記載されたアラートメッセージが送られてきますので、その指示に従って正しく対処を行えば、スムーズにペナルティを解除することができるでしょう。

アラートメッセージを受け取ったら、まずはその内容をよく確認し問題点を解決する必要があります。例えばスパム行為が指摘されている場合、外部リンクに不審なものがないかチェックし、必要に応じてリンク否認を行うことになります。過剰なSEO対策が問題となっているのであれば、キーワードの使用頻度やコンテンツの内容をチェックしてみる必要があるでしょう。問題点をすべて改善したら、Google Search Consoleから再審査リクエストを行い、もう一度サイトを診断してもらいます。診断の結果問題がないとみなされればサイトの信頼性が回復し、ペナルティは解除されるでしょう。

自動ペナルティの場合、手動ペナルティのように再審査リクエストによって評価を回復することはできません。アラートメッセージも送信されないため、原因についても明確に判断することは難しくなります。このため自分自身でサイトに問題がないかチェックした上で、改善していかなくてはなりません。再審査リクエスト等の手続きを行わなくても、自動的に再評価が行われ、問題点が改善されていれば検索結果上位が回復していきます。

Latest Post