ソーシャルメディアでもSEO対策できるのか

Twitterなどの人気ソーシャルメディアには、凄まじい拡散力があります。注目を集めた投稿、話題性のある投稿はバズる状態となり次から次へとシェアされどこまでも広がっていくのです。ソーシャルメディアが持つ拡散力とパワーを活用して、効率的にSEO対策を行うことは可能なのでしょうか。

通常、ソーシャルシグナルにおけるリンクはnofollowが指定されているため検索エンジンのランキングに直接的な影響を及ぼすことはないとされています。無数のいいねを集めて大きくバズる投稿があったとしても、その結果がそのまま検索順位に反映されることはないのです。しかし、ソーシャルシグナルと検索順位には、相関性があることも指摘されています。ソーシャルシグナルは間接的な形で、検索結果のランキングに影響を与えているのです。

多くのソーシャルメディアユーザーからいいねを集めた投稿は広く拡散され、さらに多くの人の目に触れることになります。Twitterで話題になった投稿は、人気まとめサイト等で取り上げられることも珍しくありません。その結果、まとめサイト上からリンクを貼られることになれば、それは検索エンジンから被リンクとして扱われることになります。直接的な因果関係はなくとも、ソーシャルメディアの範囲を超えた形でさらに拡散が続いていけば、結果としてSEO効果をもたらすことになるのです。

ソーシャルシグナルと検索結果の因果関係を意識した上でSNSを上手に活用すれば、間接的なSEO効果を得ることができるでしょう。またnofollowなため検索エンジンがクロールをしないといっても、リンクそのものは存在しています。このため直接的にユーザーを集客できるという相乗効果も期待できるのです。SNS上で注目を集めた結果、サイトの知名度が高まり、検索エンジン経由のアクセスが増加するといったことも十分に考えられるでしょう。

ソーシャルシグナルそのものがSEO効果をもたらすわけではありませんが、拡散力と相乗効果を考慮すれば、その影響はかなり大きいといえます。定期的にバズることができれば、サイトの検索結果順位にも強い影響を与えることができるでしょう。サイトが扱っているジャンルやテーマによっては、SNSから新規顧客を数多く獲得することができるかもしれません。直接的ではないにせよ、ソーシャルメディアによるSEO効果は、決して小さいものではないといえそうです。

Latest Post