笑顔で虫眼鏡を覗いているスーツ姿の女性

サテライトサイトで潜在顧客を増やしながら被リンク設置

サテライトサイトの存在意義は、被リンクの設置と潜在顧客の獲得にあります。適切に被リンクを設置すればメインサイトに対しSEO効果を与えられるだけでなく、直接的な集客を行うこともできるのです。効率的にサテライトサイトを運営するためには、メインサイトのテーマに合わせてターゲットを絞ることが大切となります。

メインサイトが扱うジャンルに合わせてサテライトサイトを最適化しておけば、被リンクによるSEO効果を高められるだけでなく、コンバージョン達成率の増加も期待できるでしょう。関連性のないテーマで集客を行っても、潜在顧客の獲得には繋がりません。またメインサイトとはかけ離れた内容のページからリンクを送れば、検索エンジンからスパムとみなされる可能性もあるでしょう。

テーマを絞ることも大切ですが、メインサイトと全く同じ内容になってしまうと、サテライトサイトの存在意義がなくなります。このためテーマを細分化し、ターゲットとなる潜在顧客の対象を広げるという対策も必要です。メインサイトから枝葉のようにつなげ、集客範囲を広げるといった形をイメージすれば良いでしょう。末端にあたるサテライトサイトからユーザーを集客し、潜在顧客としてメインサイトへ送り込むという流れになります。

検索エンジン対策としてサテライトサイトを見た場合、ドメインとサーバーといった要素が重要となってきます。検索エンジンはドメインによってサイトを判別しているため、同じドメイン内にサテライトサイトを作成することはできません。無料ブログ等を利用する方法もありますが、SEO効果を狙うなら独自ドメインで運営を行うのが一番でしょう。独自ドメインならサーバーの移転等もスムーズに行えますし、長期的にサイトの信頼性を高めていくことができます。

サテライトサイトは、メインサイトと個別のサイトとして検索エンジンに認識してもらわなければなりません。そのためにはメインと同じサーバーでの運用を避ける必要があります。同じサーバー内で運営を行うと、IPアドレスが共通した状態となってしまうためです。IPアドレスは4つに区切られた数字であらわされ、その三段階目までをCクラスと呼びます。Cクラスまで同一のIPアドレスとなっていると、被リンクによるSEO効果が期待できなくなってしまいます。サテライトサイトでSEO対策を行うなら、サーバーを分けてPアドレスを分散させましょう。

Latest Post