コード

クローラーへのコンテンツ最適化も忘れずに行う

クローラーの訪問数を増加させ、サイトを正しく評価してもらうためにコンテンツの最適化を行いましょう。クローラビリティを向上すれば、クローラーはコンテンツを正しく把握し、検索結果へと反映してくれます。効率よくクローラビリティを改善したい、そんな場合に役立つのがGoogle Search Consoleです。Google Search Consoleを活用すれば、クローラーの巡回に関する具体的な情報や、エラーの有無などが確認できます。

クロールエラーの項目では、クロールが正常に行われなかったページやその原因などをチェックすることが可能です。記事をアップロードしてもインデックスが進まない、検索エンジンに反映されにくいといったトラブルが生じた際には、エラーの内容をチェックして対策を行うことができます。

クロールの統計情報ページからは、クロールがページ数や平均値などを調べることが可能です。もしも突然クローラーの訪問数が低下しているようであれば、サイト上に何らかの問題が生じているのかもしれません。日頃からGoogle Search Consoleを活用していれば、サイト上のトラブルに対しいち早く対応を行うことができます。Google Search Consoleには、被リンクや内部リンクに関する情報も掲載されています。どういった外部サイトから被リンクを受けているのか、内部リンクはどのページに集中しているか、という内容をすぐに把握できます。さらに具体的なリンク元テキストをチェックすることも可能です。

Google Search Consoleにrobots.txtを送信すれば、クローラーの巡回を制御することもできます。インデックスする必要がないページを除外させることができるのです。robots.txtによって不要なページを除外すれば、クローラーの巡回効率を高めることができます。

またGoogle Search ConsoleではURLの正規化を申請することも可能です。検索エンジンはwwwがあるサイトと無いサイトを、それぞれ別のものとして認識します。このためURLの正規化を行わないと、2つのサイトに重複した内容が掲載されているとみなされる可能性があるのです。サイトの設定からドメインの設定を行えば指定したURLが正規化されますので、重複コンテンツとみなされる心配はなくなります。またそれぞれのURLに対する被リンク等の評価も、統合される形になります。

Latest Post