searchの文字を虫眼鏡で覗いている様子

Google検索エンジンで上位を狙うためには、高品質な被リンクを設置できるようになることが重要だといえます。バックリンクは検索結果上位に大きな影響をもたらすとされる、重要なSEO要素です。他サイトからのバックリンクが多ければそれだけ検索エンジンのクロールが訪れやすくなり、ページのインデックスが促進されるでしょう。実際にリンクをたどって訪れるユーザー数も多くなり、ページビュー数も増えていきます。被リンク数はサイトの信頼性やコンテンツの評価に対して大きな影響を与える要素でもあります。

しかし、無闇に被リンク数を増加させても、あまり良い効果を得ることはできません。意味のない被リンクを多数集めてしまうと、検索順位が上昇するどころかスパムとしてペナルティを受ける可能性すらあります。ただ検索結果上位を狙うためだけに設置された不自然な被リンクは、Googleからスパムと判断されてしまうのです。SEOにプラス効果をもたらす高品質なリンクとは、どのようなものでしょうか。

最初に不自然でない、ごく自然なリンクであることが必須となります。不自然なリンクとして、SEO対策のみを目的としているリンクサービスから貼られているもの、自動生成サイトなど低品質なコンテンツから送られているものなどが挙げられるでしょう。検索エンジンのクローラーはページ内のコンテンツや周辺キーワードをチェックした上で、そのリンクの価値を判断しています。ページそのものの価値が低い、あるいはリンク先のコンテンツと周辺キーワードが一致していないといった場合、そのリンクを低品質とみなす可能性があるのです。

日本から様々な場所に発せられているリンクイメージ

適正なバックリンクを集めることができれば、検索結果順位に良い影響が与えられるだけでなく、コンバージョン率の上昇も期待できます。特定のジャンルに特化したサイトを運営している場合、バックリンクによってジャンルとの結びつきを強化すれば、ターゲットとしているキーワードで上位表示されることも可能です。リンク元の周辺キーワードやアンカーテキストを適切に整えれば、キーワードを的確に狙って検索エンジン対策ができます。

コンバージョン達成率をアップさせるためには、ロングテールキーワードを意識して被リンク対策を行うことが大切でしょう。より具体的なニーズに応えるロングテールキーワードで上位表示を実現できれば、ページビュー数の増加だけでなくコンバージョン率の大幅な向上が期待できます。

数ありゃいいってもんじゃない!質の高い被リンクでサイトを上位に

Latest Post